アニメ「テニスの王子様」の動画を見放題!無料の視聴方法は?

アニメ「テニスの王子様」の動画の配信サイトを紹介!

\ この作品の動画を見れるのはココ /
配信サービス お申し込み
31日間無料今すぐ見る!

作品名 テニスの王子様
放送年 2001年
話数 178話

クールで自信家の天才少年を主人公とするテニスアニメ。派手な試合演出も見所だが、最大の魅力は個性的なイケメンキャラ。キャラソンはライバル校も含めると実に300以上!

目次

アニメ「テニスの王子様」を視聴できる動画配信サービス比較

配信サービス 配信対象
u-next月額1,990円 定額見放題31日間無料今すぐ見る!
hulu月額933円 配信なし
amazon-prime月額500円 配信なし
dtv月額500円 配信なし
dアニメストア月額400円 定額見放題31日間無料今すぐ見る!

2020年04月28日時点での配信状況です。お申し込み前に必ず配信状況をご確認ください。

違法動画サイトに注意

海外の無料動画サイトなどに違法アップロードされた動画を視聴することは、ウイルス感染する危険があります。

安全・快適に動画視聴するためには当サイト紹介の動画配信サービスの利用がおすすめです。無料期間をお得に使いましょう!

アニメ「テニスの王子様」のあらすじ

帰国子女の越前リョーマは、テニスの名門校・青春学園中等部に入学した。実はリョーマは伝説のテニスプレーヤー越前南次郎の息子だった。全国制覇を目指す青学テニス部で早くも頭角を現し始めたリョーマは、レギュラーを決めるための校内ランキング戦に挑む。

第1話:王子様現る

電車内で佐々部たち高校生が我が物顔でテニスラケットを振り回しており、竜崎桜乃が危機に陥っていた。その時、佐々部のテニスうんちくに意見する少年が現れた。半端な知識を露呈された佐々部たちは返す言葉がない。

第2話:サムライ・ジュニア

桜乃はテニス部への入部を決意していたが、友達の朋香は恰好いい人に会ったと騒ぐばかり。リョーマは同級生の堀尾に声をかけられる。一方、「月刊プロテニス」の記者・井上がテニス部顧問・竜崎スミレを訪ねる。

第3話:登場!青学レギュラー

グラウンドでは朝練のテニス部の1年が口々にリョーマと桃城の試合の話をしている。堀尾たちは「校内ランキング戦」について盛り上がり、堀尾の得意気な様子に2年生部員も堀尾をリョーマと思い込む始末だった。

第4話:マムシと呼ばれる男

校内ランキング戦が始まった。堀尾たちはリョーマの出場を喜びながらも心配する。リョーマの出場するDブロックには「マムシ」の異名を持つ海堂と、徹底したデータ戦略を取る乾の両レギュラーがいた。

第5話:スネイク・ショット

リョーマと海堂のラリーが続く。海堂のスネイク・ショットに対し、ラケットを利き手の左手に持ち替えて打ち返していくリョーマ。しかし、海堂の真の狙いは、リョーマを走らせて体力を消耗させることにあった。

第6話:その男、越前南次郎

青学で校内ランキング戦が繰り広げられるなか、記者の井上と芝は越前南次郎を訪ねていた。初めて会う伝説のプレイヤーの俗っぽさにあぜんとする芝だが、井上は南次郎の暇つぶしに付き合うべくテニスの挑戦を受ける。

第7話:二人のリョーマ

レギュラー陣は順当に校内ランキング戦を勝ち進み、手塚対大石、菊丸対桃城などの好カードが次々と繰り広げられていた。一方Dブロックでは、桜乃や堀尾たちの見守るなか、リョーマと乾の試合が始まった。

第8話:スプリットステップ

リョーマは乾に打球の方向を予告し、そのとおりにショットを返し始めた。乾もリョーマの球筋を読んで素早くポジションに踏み込むが、リョーマはそれよりも早く反応し、乾のショットに追いついて打ち返した。

第9話:ザ・ハード・デイ

ランキング戦の結果、最終的に手塚、大石、不二、河村、菊丸、桃城、海堂、リョーマの8名がレギュラーに決定した。リョーマはその証であるレギュラージャージを注文。青学テニス部はますます意気が上がる。

第10話:逆襲!佐々部再び

休日にカチローの父がコーチを勤めるテニスクラブに遊びに来たリョーマたち。するとマナーの悪い生徒の父親たちがカチローの父を困らせ、おまけに青学のテニス部までばかにする。それはあの佐々部の父だった。

第11話:リョーマVS桃城!

リョーマと桃城はハンバーガーショップで会った女の子のひと言に、都大会でのシングルス3の座をめぐってライバル心が芽生える。ハンバーガーの大食いで決着がつかなかった2人は、テニスで決着をつけることにした。

第12話:ア・ウンな二人

都大会地区予選の初戦の相手は玉林中。リョーマと桃城はダブルスを組むが、初めてのダブルスで負けた泉・布川ペアが相手だけに青学一同は不安が募る。楽勝ムードの玉林サイドだが、リョーマと桃城には秘策があった。

第13話:男はダブルス!

不慣れなダブルスでリョーマと桃城は息が合わず苦戦する。険悪なムードの2人はついにラケットでコートの真ん中に線を引き、コートをそれぞれの担当スペースに分けてシングルスのように守ることにするが…。

第14話:つばめ返し!

柿ノ木中が敗退。しかも、相手は昨年大会を出場辞退している不動峰中学校だ。不動峰の強さの秘密が、部長橘桔平の起こした暴力事件にあると見た井上は取材を始める。そしてコートでは青学対不動峰の試合が始まった。

第15話:それぞれの戦い

不二・河村対石田・桜井の試合は、不二の得意とするトリプルカウンターのひとつ「つばめ返し」で青学が優勢に傾き始めた。試合の流れを引き戻したい石田は、禁じ手とされていた必殺技「波動球」を炸裂させる。

第16話:ブーメラン・スネイク

菊丸・大石対森・内村の試合は、菊丸と大石が活躍して青学が勝利を収めた。続く海堂対神尾のシングルス3の試合は雨による一時中止を経て、神尾が海堂のスネイクにあっさり追いついてポイントを奪っていく。

第17話:小さなガッツポーズ

「ブーメランスネイク」は一同を驚がくさせるが、神尾は落ち着いてさらに自分のリズムに乗って試合を進める。海堂はその後何度もブーメランスネイクを出そうと試みるが、ショットはなかなか決まらない。

第18話:ラブレター

いよいよ青学・リョーマ対不動峰・伊武の試合が始まった。リョーマは開始早々ツイストサーブを見舞い、一気に自分に流れを引き寄せるが、伊武もツイストサーブに似たキックサーブを炸裂させて応戦する。

第19話:傷だらけのリョーマ

リョーマ対伊武の試合が白熱するなか、何人かがリョーマの体の変調に気づく。上下回転のショットを交互に何度も打つことにより、筋肉が縮んで「スポット」という麻痺状態に陥る。実は、これが伊武の狙いだった。

第20話:タイムリミット

コートに戻ったリョーマのサーブはより研ぎ澄まされていく。伊武も相変わらずスポットでリョーマを封じようとするが、気がつくとトップスピンを封じ込められ、スライスしか返球することができなくなっていた。

第21話:テニスコートは燃えているか?

地区大会で優勝した青学テニス部のもとへ、他校の生徒が偵察に訪れるようになった。なかでもケンゾーとシュンスケは、自分たちを軽視しているテニス部仲間の鼻を明かしてやろうとリョーマの情報を集め始めるが…。

第22話:薫の災難

桃城と1年グループは下校途中に引ったくりを目撃。桃城は通りかかった自転車を借りて犯人を追いかける。だがその自転車の持ち主は不動峰の神尾だった。桃城と神尾は本来の目的を忘れてチェイスする。

第23話:登場!乾汁デラックス

都大会が迫り、レギュラー陣の練習に特別メニューが組まれる。プレイスタイルで攻守を決め、ラリーを5回続けて行い、ミスした者は乾の特製野菜汁を飲むというものだ。選手は野菜汁の恐ろしくて、気合が入る。

第24話:リョーマの休日

桜乃は焦っていた。祖母のスミレにガットを張り替えに連れていってもらう約束だったのだが、都合が悪くなったため結局リョーマと一緒に行くことになったからだ。桜乃は服を選ぶのに時間がかかって遅刻してしまう。

第25話:青学最強の男<前篇>

都大会に向けてレギュラーの練習が精力的に行われるなか、手塚がリョーマに試合を申し込む。理由を聞くスミレに、リョーマのテニスが南次郎のコピーであること、それを変えるには荒療治が必要であると手塚は説く。

第26話:青学最強の男<後篇>

リョーマとの試合で医者から止められていたドロップ・ショットを炸裂させた手塚。翌日からリョーマに変化が現れる。南次郎といつものように練習をするが、前とは違う何かが心の中に芽生えているのを感じていた。

第27話:カルピンの冒険

飼い猫・カルピンの猫じゃらしを持ったまま登校してしまったリョーマ。カルピンはリョーマを追って学校までやってくる。各教室のテニス部のレギュラーメンバーの様子を見つつ、カルピンは猫じゃらしを探す。

第28話:新レギュラー現る!?

都大会当日、リョーマは遅刻してしまい、青学は堀尾にレギュラージャージを着せて何とかエントリーする。青学は初戦の相手・鎌田中を破り、次の対戦相手の秋山三中はストレートで勝ち進む青学に戦々恐々としていた。

第29話:桃とマムシ

それぞれが他校の相手を意識しあうなか、桃城と海堂はちょっとしたきっかけでにらみあいを始めてしまう。一方、スミレは青学のオーダーを発表。何とダブルス2に桃城と海堂がエントリーされていた。

第30話:観月のシナリオ

桃城・海堂ペアは聖ルドルフの柳沢・木更津ペアにスネイクを封じられ、ラリーの応酬となり、打開策もないまま暑さで体力を消耗していく。2人はルドルフの観月の作ったシナリオに「体力と気力で勝つ」と豪語する。

第31話:ムーンボレー

桃城のダンクショットを顔面で受け気絶してしまった柳沢。ルドルフは棄権し、ダブルス2は青学が勝利する。同じ頃、菊丸・大石ペアは聖ルドルフの赤澤・金田ペアとの試合で思った以上に苦戦していた。

第32話:必殺!英二の寝たフリ攻撃!?

大石のムーンボレーがライン際にぴしゃりと決まり、青学ベンチは湧き上がる。試合の流れが青学に傾き、ルドルフのペアは焦り始めるが、ここで青学は、追い討ちをかけるように変わったフォーメーションを取り始める。

第33話:タイブレーク

菊丸は見事に体力を復活させた。聖ルドルフの赤澤・金田ペアは、菊丸のアクロバティックプレイに驚かされながらも気力で食らいついていく。そして試合はタイブレークに突入し、7対6で聖ルドルフが勝利を収めた。

第34話:ツイストスピンショット

リョーマと不二の弟である聖ルドルフの裕太との試合がいよいよ始まった。裕太を挑発するリョーマに対し、開始直後から攻勢をかける裕太は、「天才の弟」の名に恥じない実力を見せてリョーマを圧倒する。

第35話:ドライブB

裕太の必殺技に仰天する一同。だが動じずに機転を利かせ、新たなる技で裕太に対抗するリョーマは、裕太の技に隠された秘密に気づいたようだ。リョーマの実力を認識した裕太は、真っ向勝負にのめり込んでいく。

第36話:兄、不二周助

観月と対戦する不二の様子がいつもと違う。緊迫した状況のなか、ゲームを支配したのは観月の方だった。不二のデータを調べ尽くし、ことごとく弱点を突いてくる観月を前に、不二は反撃のチャンスを窺うが…。

第37話:リョーマ印のテニスボール

休日なのに父・南次郎に起こされ、ある場所へ連れていかれたリョーマ。そこで待っていたのは桜乃と朋香だった。南次郎は彼女たちのテニスコーチを竜崎先生に頼まれていたのだが、リョーマに押しつけて帰ってしまう。

第38話:ペナル茶(ティー)!

青学に突然現れた他校生。山吹中の阿久津と名乗る男の常軌を逸した振る舞いに、部員たちは「この男の狙いは何だ」と色めき立つ。混乱のなか、都大会最終日を目前に控えた青学テニス部員を地獄の特訓が待っていた。

第39話:ヒグマ落とし!

都大会後半戦へ向けてハードなトレーニングを続ける青学一同は、またもや乾の野菜汁をちらつかせられ、本気でランニングに取り組む。レギュラー同士の練習試合である紅白戦では、リョーマと不二が激突する。

第40話:雨の中の決闘

リョーマと不二の試合は続き、追って桃城対手塚、河村対海堂、大石対菊丸の試合も開始。海堂のスネイクを力で圧倒する河村、持久力を試される菊丸、どんなスマッシュも軽く手塚にいなされる桃城の姿があった。

第41話:波乱!

都大会後半戦が始まった。不動峰中は、神尾や伊武らの遅刻、さらに試合での不調の原因が阿久津の指摘で露呈し、山吹戦を棄権する。銀華中との試合を迎えた青学も、挙動不審な銀華中の棄権により不戦勝となった。

第42話:狙われた大石

青学の大石・菊丸ペアと山吹中の南・東方ペアの試合で、山吹のペアは昨年の試合で負けた大石に同じ作戦で挑む。ボールを集中させられ動揺を誘われる大石だったが、冷静に対処して山吹中の伴田監督をうならせる。

第43話:ラッキー千石

桃城と山吹中・千石の試合がスタートした。得意のダンクスマッシュを披露する桃城に対し、その力を認めながらも千石は圧倒的な実力で応戦。試合は千石ペースとなり、桃城は根性で食らいついていくが…。

第44話:ジャックナイフ

山吹中・千石との試合で、左足のけいれんを抱えながらもプレイを続ける桃城。一方、リョーマと山吹中・亜久津の試合がいよいよ開始。先日のいざこざの後だけに、亜久津が何か仕掛けてくるのではと一同は心配する。

第45話:コート上の悪魔

試合開始早々のリョーマの兆発に、亜久津がついに本気になる。テニスに見切りをつけていた亜久津だったが、その筋肉の柔軟性とスピードで一同を感嘆させる。リョーマも得意のショットで応戦するのだが…。

第46話:サムライ魂

本気のプレイを繰り広げる亜久津を前に、リョーマは得意のショットで応戦しながらも底知れぬ強さを痛感していた。一同の心配をよそに亜久津との激しい戦いはなおも続き、やがてリョーマの中で何かが目覚める。

第47話:負けられない!

自身のプレイを進化させながら、亜久津と五分五分の勝負に持ち込むリョーマ。山吹中の伴田監督は、ここぞとばかりに亜久津に秘策を授けた。そして、亜久津は彼なりに負けられない理由を持っており、ある行動に出る。

第48話:決着の瞬間(とき)

山吹中の伴田監督のアドバイスを受け入れてまで、亜久津はリョーマとの試合に臨む。互いに一歩も引くことなく技を炸裂させていき、誰もが固唾を飲んで見守るなか、試合はついにクライマックスを迎える。

第49話:異種格闘戦

都大会が終わって平静を取り戻した青学にまたも嵐が吹き荒れる。リョーマは、バスケ部員を激しく挑発する。一方、手塚を激しく挑発する謎の人物が現れた。その少年の正体が何者かが明らかになっていく。

第50話:青学名物

青学名物の校内ランキング戦が始まった。相変わらずの厳しいブロック分けに驚く1年トリオだが、レギュラー陣は緊張をはらみつつも順調に勝ち進んでいく。しかし、ここにその均衡を崩す男が現れる。

第51話:乾の挑戦

校内ランキング戦で、青学最強とうたわれた手塚の前に乾が現れた。何度となく手塚と対戦して破れてきた乾は、人一倍の努力と綿密なデータ収集によって、打倒手塚を目指して腕に数段磨きをかけていた。

第52話:青学最大の危機

青学一同が固唾を飲んで見守るなか、ついに乾と手塚の勝負は幕を閉じた。戦いに勝ってレギュラーを射止めた者、負けてジャージを脱いだ者、それぞれの胸に去来する思いが、青学始まって以来最大の危機を招く。

第53話:帰ってきた桃

抜群の身体能力を誇り、豪快さと繊細さを持ち合わせた桃城。そんな彼は部活をサボり、心の晴れないまま草テニスをプレイしていた。そして杏とのやりとりのなかで、自分に欠けていたものを見つけるのだが…。

第54話:薫の特訓

関東大会の組み合わせ抽選会が行われた。各地から強豪が次々と集まるなか、青春学園の相手校がついに決まる。特にシングルスの強さは全国屈指の青学のテニス部では、レギュラーは思いを新たに特訓に励むが…。

第55話:迫りくる氷帝

関東大会の初日。大石から連絡を受けた桃城は、急いで病院へと向かった。待っていた大石は桃城に、「レギュラーの座を譲る」と告げた。こうして菊丸と桃城は、思わぬ経緯でレギュラー復帰を果たした。

第56話:3人のダブルス

菊丸と向日のアクロバティック対決が始まり、向日は菊丸の動きを難なく封じた。桃城のジャックナイフも忍足に通用しない。このまま青学が負けてしまうと思われるなか、絶体絶命の2人の脳裏にあるものが浮かぶ。

第57話:スカッドサーブ

大石が見守るなか、菊丸・桃城ペアと忍足・向日ペアの熱戦が展開。スタミナ切れも見える向日に対し、調子を上げていく菊丸。決め技を連発する忍足に対し、大技で応戦する桃城。試合はいよいよ大詰めを迎える。

第58話:最悪の相性!?

氷帝の鳳に得意のサーブでポイントを取られながらも、引く気のない海堂はブーメランスネイクを叩き込んで氷帝ベンチを驚かせた。海堂は乾の助言を受け、ブーメランスネイクの習得のために特訓を積んでいたのだ。

第59話:あくなきこだわり

スコアが0対5となり後がない乾・海堂ペア。氷帝サイドは勝利を確信して盛り上がるが、乾はここから得意のデータテニスを使い始める。乾は海堂をおとりに使い、これまでのゲームを捨ててデータを集めていたのだ。

第60話:パワーvsパワー

試合が終わっても気を抜こうとしない宍戸・鳳ペア。お互いのこだわりを貫いた乾と海堂も、試合の教訓を自らの中に叩き込んでいた。試合は1勝1敗でダブルスを終え、引き続きシングルス戦が始まろうとしていた。

第61話:波動球合戦!

ついに河村のショットが決まった。周囲の驚きをよそに、樺地は表情を変えない。そして、聖ルドルフの木更津・柳澤ペアがコンソレーションで樺地にあっさり敗れた理由と、樺地が持つ真の才能が明らかとなる。

第62話:消えるサーブ

激闘の河村戦の後、不二はその志を静に引き継いだ。相手は弟・裕太を破った芥川慈郎。不二にとって、掴み所のない慈郎は願ったりかなったりの相手だ。リョーマはスミレに代わってベンチコーチを買って出る。

第63話:最後のトリプルカウンター

氷帝の芥川慈郎は不二の技の数々に圧倒されつつも、異常なテンションとネット際の軽やかなボレーで反撃する。不二は「つばめ返し」「ひぐま落とし」に続くトリプルカウンターのひとつをリョーマの前で披露する。

第64話:A 超戦士てにぷり9(ナイン) / B 白雪姫ちゃんに気を付けて!? / C 飛び出せ!青学

「テニスの王子様」のチビキャラが登場する特別編。学校を荒らす怪獣が登場する「超戦士テニプリ9」、リョーマが新作の乾汁を飲んでしまう「飛び出せ!青学」、そして「白雪姫ちゃんに気をつけて!?」の3編で構成。

第65話:青学の柱になれ

氷帝コールのなか、ついに手塚対跡部の頂上対決が始まった。手塚の左右の揺さぶりをものともせず打ち込んでくる跡部。相手の弱点を見破る卓越したインサイトで、跡部は手塚の腕のけがを指摘する。

第66話:破滅への輪舞曲(ロンド)

青学・手塚と氷帝・跡部の試合。跡部は得意技を見せず、わざと持久戦に持ち込み手塚の肩を攻め続けるる作戦に出る。肩の痛みをこらえながら、何事もないかのように構える手塚の姿に一同は驚く。

第67話:最後の一球

手塚と跡部の試合は続く。優勢を保つ跡部だったが、肩の痛みに耐えつつ悠然とリターンしてくる手塚に焦り始める。得意技を炸裂させる跡部に対し、手塚は自らのゾーンに相手を誘い込んで返球した。

第68話:終わりなきタイブレーク

一歩も譲らず執念のリターンを繰り返す手塚と跡部。そんな気の遠くなるようなラリーの果て、ついに勝敗を決する時が来た。そして青学対氷帝の試合は、思いがけずリョーマと日吉の対決へとなだれ込む。

第69話:レギュラーの座は誰の手に?

けがで手塚を欠くなか、次の試合に向けて各自が練習に打ち込む。負傷者が続出しているのをいいことに、虎視眈々とレギュラーの座を狙う荒井たち2年生の言動に我慢できないカチローは、ついに怒りを露わにする。

第70話:テニスvsピンポン

この日は青春学園中等部恒例の球技大会。大石と菊丸はバレーボール、河村と乾は野球、桃城はバスケットボール、海堂はバドミントンと、レギュラーの面々は思い思いの競技に出場し、活躍を見せる。

第71話:デートだ!

不動峰中の橘杏に呼び出された桃城は、嫌がるリョーマを伴って出向き、偶然にも乾に待ち合わせの現場を目撃されてしまう。桃城と杏&リョーマのデートと思い込んだ乾は、的確な動きでレギュラー陣を呼び集めた。

第72話:薫、リョーマになる

自主トレの最中に偶然出くわしてしまった海堂とリョーマは、お互いを意識しながらむきになってトレーニングに励んでいた。途中、偶然出会った少年たちが、海堂をリョーマと間違えて声をかけてきたが…。

第73話:手塚の決意

関東大会第2回戦へ向けて練習をする青学テニス部。手塚も久しぶりに顔を出して後輩の指導に精を出すが、彼の心の奥ではある思いが渦巻いていた。それを知ってか知らずか、大石はレギュラー陣にある提案をする。

第74話:越前へのメッセージ

手塚が留学先のドイツへ出発する日が近づいてきた。青学のテニス部一同は、手塚への思いを伝える一方で、改めて全国大会進出を心に誓った。そして、手塚のリョーマへの思いが両者を突き動かす。

第75話:さらば、手塚国光

いつも通りに猛攻を仕掛けるリョーマに対し、けがをしながらも鮮やかに対応する手塚。初めて見る手塚のプレイに一同は驚きを隠せず、そこに込められたメッセージを受け止めたリョーマは、強引なプレイに出た。

第76話:青学対城成湘南

次に青学と対戦する城成湘南中学へ取材にきた井上たちは、最新のトレーニング理論を取り入れた練習風景を見ることになる。そこで井上は、選手たちの個性と、鍛え上げられた技術に驚いてしまう。

第77話:冷静と情熱の戦い

桃城・乾ペアの相手は田中洋平・浩平の双子の兄弟。洋平と浩平はコンビネーションと素早さが光り、桃城は揺さぶられてしまう。兄弟にあおられ次第に興奮していく桃城に、乾は心配して助言するがその言葉は届かない。

第78話:サンダーボルト

関東大会第2回戦の次の試合は大石・菊丸ペア対桐山・太田ペア。そのペアの体格のギャップに青学の面々は驚いた。そしてパワーと高さを活かしたトリッキーなプレイに、ゴールデンペアはピンチに陥ってしまう。

第79話:I(アイ)フォーメーション

城成湘南にリードされた青学。大石の腕の痛みは増してプレイにも影響が出始める。もはや棄権するしかないと誰もが思ったその時、ゴールデンペアは新しいダブルスの「Iフォーメーション」に打って出る。

第80話:プリテンダー戦法

海堂の対戦相手は、親衛隊を付き従えた超ヤサ男の若人。その派手なパフォーマンスにあきれつつ闘志をむき出しにする海堂だったが、試合が始まるとすぐに、若人の恐ろしさを痛感させられるのだった。

第81話:マムシvsニセマムシ

城成湘南の若人は、プレイスタイルだけでなく癖までも完璧にコピーし、プロテニス選手になりきってゲームメイクをする。最初は戸惑ってい海堂だが、次第に慣れて若人の繰り出すショットに追いついていく。

第82話:華村の誘惑

若人が最後に選んだ選手は、海堂が最もよく知る人物だった。海堂となりきり若人の壮絶なラリーが続くが、そのプレイには海堂の作戦が組み込まれていた。そして若人は、ついにタイブレークに追い込まれてしまう。

第83話:最高の作品

城成湘南の秘密兵器・神城とリョーマの試合が開始。神城のプレイは平凡で、見かけ倒しかと思われたが、リョーマはなぜかミスを連発。理由は、リョーマが神城のミラージュにとらわれていることにあった。

第84話:ディープインパルス

ミラージュを見事に打ち破ったリョーマ。神城は、ついに華村から使ってはいけないと言われていた技、ディープ・インパルスを放つ。制止する華村を無視し、神城はリョーマ潰しをするかのように技を連発するが…。

第85話:死闘の果て

神城を前に、全身傷だらけのリョーマは何とか打ち返していく。激しいラリーが展開するなか、神城は打球の速さに変化をつけながらリョーマの焦りを誘うが、反対にリョーマに技を返されてしまい…。

第86話:リズムにHigh!

山吹中対不動峰中の戦いが始まった。リズムにさらに磨きのかかった不動峰の神尾と、山吹の千石の対戦だ。スピードに乗って素早い攻撃を見せる神尾に対し、千石はずば抜けた視力と反応で応戦する。

第87話:A.テニス昔話 / B.刑事(デカ)プリ!?

特別編。川でおじいさんとおばあさんに拾われたリョーマが、やがて都を目指して旅に出る(「テニス昔話」)、刑事の乾が自分の眼鏡が紛失していることに気がつき、犯人を探し始める(「刑事ぷり!?」)。

第88話:ボウリングの王子様

特別編。ベスト4進出を決めた青春学園の一同が、謎の地図によって導かれた場所は、何とボウリング場。試合の労をねぎらう目的でスミレと大石がボウリング大会を開いたが、そこには恐るべきわなが仕掛けられていた。

第89話:青学、ダダダ壇

リョーマに憧れてマネージャーから選手に転向した山吹中の壇は、青学へ1日体験入部することになった。壇は堀尾らと練習を見学するのだが、ひょんなことからリョーマと試合をする羽目になってしまう。

第90話:房総ビーチバレー

青春学園テニス部の面々が、トレーニングを兼ねて千葉県の海にやってきた。しかしホテルの宿泊券を落としてしまい、海の家で手伝いをすることになった。そんななか、思わぬ人物と再会するのだが…。

第91話:六角中の一年生部長

千葉の海でおじいさんを助けたことがきっかけで、青学の面々は準決勝戦の相手・六角中テニス部のメンバーと出会う。1年生にして部長だという葵剣太郎は、同じ1年生レギュラーであるリョーマに興味を抱く。

第92話:長ラケットの男

準決勝の当日。対戦相手の六角中のメンバーからは緊張が全く感じられない。青学も手塚からのメールを受け取って意気が上がる。第1試合は青学の桃城・河村のパワーコンビと、六角中の天根・黒羽ペアが戦う。

第93話:ダッシュ波動球

桃城と河村は波動球に加えてジャックナイフも放ち、パワーテニスを繰り広げる。一方、天根・黒羽もラケットの長さを活かしたパワーテニスで対抗。力と力のぶつかり合いが続き、青学がピンチに陥ってしまう。

第94話:菊丸封じの秘策

菊丸・不二対佐伯・樹の試合が開始。菊丸と不二は互いにフォローをし、スタイルが合わないながらも善戦する。ボールが集中しても集中力を乱さない菊丸だったが、ついに佐伯が菊丸のアクロバティックを封じ込める。

第95話:つばめ返し、破れたり!

体力が限界を超えて身体の動かない菊丸。代わりに不二が引き継いで試合を進めていくが、六角中は樹希彦を不二対策としてぶつけてきた。樹の低い体勢から放つ技が、不二のつばめ返しを鋭く捕らえた。

第96話:燃えろリョーマ!

いよいよシングルス3のリョーマ対葵の試合が始まる。オジイお手製のラケットで挑む葵の熱血ぶりにあきれながらも、次第にヒートアップするリョーマ。壮絶なラリーの果て、思いも寄らぬ幕切れが訪れる。

第97話:決着のスマッシュ

思わぬ事態で試合を中断される2人。コンディションが心配されるリョーマだが、いつもと様子は変わらない。しかし、闘争心は燃え盛っていた。いつしか自然とリョーマの足はテニスコートに向かうのだが…。

第98話:ビリヤードの王子様

準決勝も無事に勝ち抜いた青学一同は、毎年行われているレクリエーション大会を開催。今回は不二のアイデアによるビリヤード大会だ。お馴染みのバツゲーム「赤酢」の恐怖に誰もが脅えるなか、大会が始まる。

第99話:呪いのラケット

リョーマはある日、1本のテニスラケットを拾った。そして、それを持った桃城や大石らに次々と不幸が襲いかかるのだった。そんな一同を前にして、乾が「呪われたラケット」の話を始めるのだが…。

第100話:キャプテン大石

決勝戦を間近に控え、いつになく張り詰めた表情の大石。彼はレギュラー陣の緊張をほぐそうと色々な手を使うが、全て空回りに終わってしまう。そんな大石を見かねた竜崎は、ある特別練習をするのだが…。

引用:U-NEXT公式サイト

\ この作品の動画を見れるのはココ /
配信サービス お申し込み
31日間無料今すぐ見る!

アニメ「テニスの王子様」の原作

原作:許斐剛「テニスの王子様」

アニメ「テニスの王子様」の声優・キャスト

アニメ「テニスの王子様」のスタッフ

「テニスの王子様」を無料視聴できる動画配信サービス一覧

U-NEXT

U-NEXT 画像引用:U-NEXT
月額(税別)1,990円
コンテンツ数 140000
同時視聴数 4台
画質 フルHD / 4K
ダウンロード機能
無料お試し期間 31日間
特徴

dアニメストア

dアニメストア 画像引用:dアニメストア
月額(税別)400円
コンテンツ数 2900作品以上
同時視聴数 1台
画質 SD / HD / フルHD
ダウンロード機能
無料お試し期間 31日間
特徴 アニメ作品本数No.1
引用・出典:U-NEXT公式サイト

2020年春の新作アニメ

月曜日

作品名 放送局
俺の指で乱れろ。~閉店後二人きりのサロンで…~ TOKYO MX1(Ch.9)
啄木鳥探偵處 TOKYO MX1(Ch.9)
銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK放送版) NHKEテレ1・東京(Ch.2)
社長、バトルの時間です! TOKYO MX1(Ch.9)
白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE TOKYO MX1(Ch.9)
別冊オリンピア・キュクロス TOKYO MX1(Ch.9)

火曜日

作品名 放送局
A3! TOKYO MX1(Ch.9)
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd Season TOKYO MX1(Ch.9)
邪神ちゃんドロップキック’ TOKYO MX1(Ch.9)
フルーツバスケット 2nd season テレビ東京(Ch.7)

水曜日

作品名 放送局
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません TOKYO MX1(Ch.9)
無限の住人-IMMORTAL- TOKYO MX1(Ch.9)

木曜日

作品名 放送局
神之塔 -Tower of God- TOKYO MX1(Ch.9)
球詠 TOKYO MX1(Ch.9)
のりものまん モービルランドのカークン NHKEテレ1・東京(Ch.2)
八男って、それはないでしょう! TOKYO MX1(Ch.9)
BNA ビー・エヌ・エー フジテレビ(Ch.8)

金曜日

作品名 放送局
新サクラ大戦 the Animation TOKYO MX1(Ch.9)
ノー・ガンズ・ライフ TBS(Ch.6)

土曜日

作品名 放送局
アルゴナビス from BanG Dream! TOKYO MX1(Ch.9)
アルテ TOKYO MX1(Ch.9)
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ TOKYO MX1(Ch.9)
シャドウバース TOKYO MX1(Ch.9)
食戟のソーマ 豪ノ皿 TOKYO MX1(Ch.9)
波よ聞いてくれ TBS(Ch.6)
ハクション大魔王2020 日テレ(Ch.4)
文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~ テレビ東京(Ch.7)
メジャーセカンド 第2シリーズ NHKEテレ1・東京(Ch.2)
LISTENERS リスナーズ TBS(Ch.6)

日曜日

作品名 放送局
アイドリッシュセブン Second BEAT! TOKYO MX1(Ch.9)
イエスタデイをうたって テレビ朝日(Ch.5)
ULTRAMAN TOKYO MX1(Ch.9)
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… TOKYO MX1(Ch.9)
かくしごと NHK総合1・東京(Ch.1)
ギャルと恐竜 TOKYO MX1(Ch.9)
キングダム テレビ東京(Ch.7)
グレイプニル テレビ朝日(Ch.5)
継つぐもも TOKYO MX1(Ch.9)
転生したらスライムだった件(第1期/再放送) TOKYO MX1(Ch.9)
トミカ絆合体 アースグランナー テレビ東京(Ch.7)
プリンセスコネクト!Re:Dive NHK総合1・東京(Ch.1)
ミュークルドリーミー テレビ東京(Ch.7)
もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ NHKEテレ1・東京(Ch.2)